アウトドアやキャンプで活躍する焚き火台「ZG-X1」

焚き火台「ZG-X1」はファミリー、グループ向けサイズの多機能な焚き火台です。五徳やサイドテーブルなど焚き火周りのオプションを連結し、用途に合わせてカスタム出来る、自動車部品メーカーならではの、頑丈な造りと安定性です。

焚き火台 ZG-X1

焚火台「ZG-X1」は、はじめての人も、そうでない人も焚き火を出来るだけ簡単に、より平穏に楽しむ為、足場の悪い所でも安定して自立する頑丈な作り、歪みを抑える為の細かな加工など自動車部品メーカーならではの技術の詰まった焚火台です。

焚き火台 ZG-X1

深さのあるやや大きめのサイズ感で、薪割りは、不要!余計な手間要らずで使用できます。
今すぐ焚火をしたい!に応えられる焚火台です。

商品詳細

焚き火台 ZG-X1

焚火台「ZG-X1」はシンプルな構造、デザインで、焚き火周りのレイアウトもスッキリした印象に。
強度の必要なフレーム部分や持ち手の素材を変え、0.1ミリ単位の修正をした事でガタつきが少なく、とにかく頑丈で安定感があります。
黒皮鉄の醸し出す工業的で、無骨な雰囲気と使い込んでいくことで生じる変化も魅力の一つです。

焚き火台 ZG-X1

焚火台との組み合わせが可能な専用五徳とサイドテーブルを連結する事で焚き火も調理も便利で快適に。

焚き火台 ZG-X1

両側にサイドテーブルを連結すれば、他のテーブルを用意しなくても2〜6人位が焚き火を囲むのに丁度良いサイズです。
すぐ手に届く場所に、必要なものをちょい置きできるこの距離感が特徴。焚き火からひと時も離れたくない製作者のこだわりです。

五徳とサイドテーブルがフラットになる構造が特徴で、重たいダッチオーブンなどを持ち上げなくても横にずらすだけで、火から下ろす事が可能です。

焚き火台 ZG-X1

余熱調理や火力調節の為の一時置き、調味料など細かい物のちょい置き、鍋からの取り分けなど、連結型ならではの使い方が有ります。
五徳で直接食材を焼いてもよし、焼き網を置いてBBQコンロとして使うもよし、購入して下さる皆様のお気に入りの使い方を見つけて頂けたらと思います。

仕様

焚き火台 ZG-X1

サイズ(高さmm×幅mm×奥行mm)
・焚き火台
使用時 320×500×410
収納時 60×410×570
※キャンプ場などで売っている平均的なサイズの薪がそのまま入ります。

・サイドテーブル
使用時 315×470×400
収納時 40×420×400

・五徳
使用時 10×490×140

重さ(kg)
・焚き火台
5.2kg

・サイドテーブル
2.4kg

・五徳
0.6kg

耐荷重(kg)
・焚き火台
Max35kg(ゴトク使用時)
Max18kg

・サイドテーブル
Max20kg

素材
SS400 (黒皮鉄)
※焚き火台持ち手のみステンレス

お手入れ
使用後は乾いた布で拭いたり、ブラシ等で灰を払ってから収納して下さい。
水に濡れた際は早めに拭き取りをし、錆を防ぐ為油の塗布をオススメします。(食用油など)
時々、油を塗ったりして一手間を加えて頂くと、より長くお使い頂けますが、金属特有のエイジングもお楽しみ頂けたらと思います。
錆が気になる場合はタワシやワイヤーブラシなどで落としてください。

関連記事

ブランド・メーカー

  1. Coleman

  2. CHUMS

  3. Columbia

  4. ARC’TERYX

  5. snow peak

  6. LOGOS

  7. mont-bell

  8. XLARGE

  9. atmos

  10. GREGORY

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2021年6月号「うまいビールとアウトドア。」発売

  2. ショッフェル×野良道具製作所の日独匠コラボレーション!キャンプと焚火シーン専用にカスタマイズ可能なベストやベルトなど展開

  3. atmosより初展開となるJADEカラーを落とし込んだオリジナルアウトドアグッズが登場

  1. OUTDOOR MANの一人用ローチェア「アルミローチェア」はどこでもゆったり、ラクラク設営!最近注目のブラックカラーで登場ちょうどいい高さ

  2. 冬キャンプもぬくぬく安心!Recampがキャンプ場でこたつの提供

  3. モバイルバッテリー付きランタン、ヴィレッジヴァンガードオンラインに新登場