キャンプで料理が楽しくなる焚き火台 GATHE (ギャザ)

焚き火台 GATHE (ギャザ)は調理時に不安を感じない安定性があります。火吹き棒要らずの燃焼効率で、灰排出口で後片付けもスピーディーです。仲間や家族と焚き火台を囲い、食事、焚き火を楽しむ。この贅沢な時間をギャザと共に!

焚き火台の安定性

焚き火台 GATHE (ギャザ)

キャンプの醍醐味はズバリ食事 。キャンプ飯という言葉が生まれるように、キャンプでは食事(調理)がメインのイベントになる場合が多いです。
調理まで楽しみたい私達は、焚き火台で最も重要な要素は【安定性】=様々な調理器具をストレスなく扱えること…だと考えました。
ギャザはあえて軽量化を意識せず、安定性を優先。1.5mm程の厚みが主流のところ、2mm厚、3mm厚の極厚ステンレス(SUS304)を使用しています。
ダッチオーブンなど重量のある調理器具を直に乗せても崩れることなく、安心して調理を行うことができる焚き火台です。
素材に使用しているステンレスはサビにも強く、日頃のメンテナンスが容易というのもポイント。

火吹き棒要らず!?の燃焼効率

焚き火台 GATHE (ギャザ)

調理を楽しむには燃焼効率も重要。無数に空いた炭床 + 多くの空気を取り込める三角の穴により、燃焼効率の高い焚き火台に仕上がりました。
熾火も真っ赤に染まり、調理時や仲間・家族との団らんに水を差すこともありません。

灰排出口で後片付けもスピーディー!

楽しい焚き火の後はモチロン後片付け。
ですが、焚き火台を逆さにすると灰入れに収まらなかったり、スコップで掬ったりと灰を捨てる作業は意外と大変。
ギャザは底にある炭床を引き抜くと下のV字エリアに灰が移動、そこから全体を持ちあげ傾けることで、横に空いた三角形の穴から灰をカンタンに捨てる事が可能です。
キャンプは楽しみに来るもの。スピーディに終わらせられることはスピーディにしようと考えました。

持ち運びに便利な収納バッグ

焚き火台 GATHE (ギャザ)
焚き火台 GATHE (ギャザ)

ギャザは重量級の焚き火台です。収納バッグにも少しこだわりました。
持ち手のテープは底部分まで回して強度を高め、持ち運ぶ時のカラダへの負担が減らせれば…と肩掛け対応の長さに設定。
またファスナーと内部に仕切りを追加し、網やトングなどの小物を分けて収納できるように設計しています。

仕様

焚き火台 GATHE (ギャザ)

焚き火台 GATHE (ギャザ)

関連記事

ブランド・メーカー

  1. atmos

  2. ARC’TERYX

  3. XLARGE

  4. mont-bell

  5. Patagonia

  6. DESCENTE

  7. Coleman

  8. LOGOS

  9. Columbia

  10. GREGORY

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 柔らかい光でストレスから癒やされる、AUKEY USB充電式ナイトライトLT-ST23

  2. LOGOSの大型ドーム型テント「Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA」

  3. プレミアムな外時間を愉しむ燕三条グリルを『TABLETOP GRILL』と『COMPACT DEEP PAN』

  1. J BALVINとAIR JORDAN 1のコラボがatmos pinkにて発売

  2. 北欧好きコミュニティで楽しむイベント「北欧ピクニック(フィンランドサウナ体験も!)」を開催

  3. 秋キャンプにぴったりな木のぬくもりを感じる 「ヘキサテーブル」が発売