キャンプで料理が楽しくなる焚き火台 GATHE (ギャザ)

焚き火台 GATHE (ギャザ)は調理時に不安を感じない安定性があります。火吹き棒要らずの燃焼効率で、灰排出口で後片付けもスピーディーです。仲間や家族と焚き火台を囲い、食事、焚き火を楽しむ。この贅沢な時間をギャザと共に!

焚き火台の安定性

焚き火台 GATHE (ギャザ)

キャンプの醍醐味はズバリ食事 。キャンプ飯という言葉が生まれるように、キャンプでは食事(調理)がメインのイベントになる場合が多いです。
調理まで楽しみたい私達は、焚き火台で最も重要な要素は【安定性】=様々な調理器具をストレスなく扱えること…だと考えました。
ギャザはあえて軽量化を意識せず、安定性を優先。1.5mm程の厚みが主流のところ、2mm厚、3mm厚の極厚ステンレス(SUS304)を使用しています。
ダッチオーブンなど重量のある調理器具を直に乗せても崩れることなく、安心して調理を行うことができる焚き火台です。
素材に使用しているステンレスはサビにも強く、日頃のメンテナンスが容易というのもポイント。

火吹き棒要らず!?の燃焼効率

焚き火台 GATHE (ギャザ)

調理を楽しむには燃焼効率も重要。無数に空いた炭床 + 多くの空気を取り込める三角の穴により、燃焼効率の高い焚き火台に仕上がりました。
熾火も真っ赤に染まり、調理時や仲間・家族との団らんに水を差すこともありません。

灰排出口で後片付けもスピーディー!

楽しい焚き火の後はモチロン後片付け。
ですが、焚き火台を逆さにすると灰入れに収まらなかったり、スコップで掬ったりと灰を捨てる作業は意外と大変。
ギャザは底にある炭床を引き抜くと下のV字エリアに灰が移動、そこから全体を持ちあげ傾けることで、横に空いた三角形の穴から灰をカンタンに捨てる事が可能です。
キャンプは楽しみに来るもの。スピーディに終わらせられることはスピーディにしようと考えました。

持ち運びに便利な収納バッグ

焚き火台 GATHE (ギャザ)
焚き火台 GATHE (ギャザ)

ギャザは重量級の焚き火台です。収納バッグにも少しこだわりました。
持ち手のテープは底部分まで回して強度を高め、持ち運ぶ時のカラダへの負担が減らせれば…と肩掛け対応の長さに設定。
またファスナーと内部に仕切りを追加し、網やトングなどの小物を分けて収納できるように設計しています。

仕様

焚き火台 GATHE (ギャザ)

焚き火台 GATHE (ギャザ)

関連記事

ブランド・メーカー

  1. LOGOS

  2. Columbia

  3. GREGORY

  4. ARC’TERYX

  5. XLARGE

  6. Patagonia

  7. DESCENTE

  8. atmos

  9. Coleman

  10. THE NORTH FACE

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 「Snow Peak」と「JINS」が初のコラボレーション「JINS×Snow Peak」サングラスが登場

  2. イワタニ新商品、「やきまるⅡ」「炙りやⅡ」「炎たこⅡ」新発売!

  3. 「MonoMax」、昨年完売の「CHUMS 大容量ドライバッグ」が別カラーで復活!8/3発売

  1. マウンテンバイクにも対応した大きめサイズの輪行袋「800-BYBAG004」

  2. 万能調理器具「メスティン」の魅力を詰め込んだ1冊『メスティンマスターブック』

  3. 自転車に最適!堅牢&軽量設計のアウトドア仕様、電動空気ポンプ「AM31」