火を使わずに本格的な炎と音が楽しめるたき火ガジェット『FireWood Home』

タカラトミーアーツから、家の中でも本格的な炎のゆらぎと音を楽しむことができるLEDライトを使った“たき火ガジェット”『FireWood Home』を、2021年7月29日(木)から発売します。『FireWood Home』は、たき火の光や音を火を使わずに楽しめる商品です。本体は組み上げた薪の形をしており、炎のようなゆらぎを再現したLEDライトと、内蔵されたスピーカーから流れる薪のはぜる音で、本格的なたき火の雰囲気を演出します。

アウトドアモード

FireWood Home

実際のたき火のように、火を付けてから消すまでをリアルな演出とともに再現できるモードです。
本体の「タッチセンサー」を左から右にマッチを擦るようになぞると、薪の中にある「種火部分」にライトが点灯します(着火)。
続いて本体の「ブレスセンサースイッチ」を指で押さえたあと中央に息を吹きかけると、薪に火が移りLEDが炎のように点灯します。
消火の際は、「タッチセンサー」を左右に繰り返しなぞるとライトが消えます。

FireWood Home

ライティングモード

FireWood Home

『ForeWood Home』をインテリアライトとして楽しむことができるモードです。
本体の「タッチセンサー」を左から右へ繰り返しなぞることで、LEDの点灯が<種火→薪(明るさ小)→薪(明るさ大)>の順に5段階に強くなっていき好みの強さに調整できます。
逆に右から左へ繰り返しなぞると、光が弱まっていきます。

安全なのに本格的!デイリーに使えるたき火ガジェット

FireWood Home

『FireWood Home』の最大の特長は、その炎の揺らぎにあります。
近年、たき火の炎に“癒し”を感じる人が増えており、たき火を映した動画なども人気を集めています。
その炎が生み出す自然なゆらぎを、独自開発したプログラムによるLEDの光の揺れで再現しました。

もう一つの特長は、たき火の魅力の一つでもある音です。薪がはぜるパチパチとした特有の音を出すために、里山に登って実際にたき火をし、音を収録しました。この録り下ろし音が本体に内蔵しているスピーカーから流れる仕組みになっております。音量はミュート、小、大の3種類を選べます。
このように細部にまでこだわった造りで、火を使わなくてもたき火の魅力を楽しめる本格的な“たき火ガジェット”が完成しました。火を焚くことが難しい屋外やベランダ、家の中でも気軽にたき火が楽しめ、何も燃やさないので環境にも優しい商品です。

家族や友人との楽しい時間のアクセントに、一人でゆっくり心を休めたいときに、思い立ったらいつでも指一本で気楽に始められるたき火。『FireWood Home』のゆらゆらと揺らめく炎と薪のはぜる音で、笑顔と癒しのひとときを演出します。

FireWood Home

価格:5,940円(税込)
発売日:2021年7月29日(木)予定
本体サイズ:W170mm×H110mm×D160mm
使用電池:単3形アルカリ乾電池×3本使用(別売り)
内容:本体、取扱説明書
対象年齢:15歳以上
取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの玩具売場ほか
商品ホームページ:https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/firewood/
権利表記:©T-ARTS

関連記事

ブランド・メーカー

  1. XLARGE

  2. Columbia

  3. DESCENTE

  4. Patagonia

  5. atmos

  6. snow peak

  7. GREGORY

  8. mont-bell

  9. THE NORTH FACE

  10. ARC’TERYX

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2021年6月号「うまいビールとアウトドア。」発売

  2. ショッフェル×野良道具製作所の日独匠コラボレーション!キャンプと焚火シーン専用にカスタマイズ可能なベストやベルトなど展開

  3. atmosより初展開となるJADEカラーを落とし込んだオリジナルアウトドアグッズが登場

  1. 炎天下で氷を最大8日間キープ可能なクーラーボックス、「Titan Deep Freeze Roto クーラーボックス」

  2. Coleman(コールマン)、携帯の充電もできる充電式小型ライト「ラギットパッカウェイランタン」と「ハンギング E-ライト」を発売

  3. 新時代の防災術『キャンプ×防災のプロが教える 新時代の防災術』発売