軽井沢星野エリア、プライベートな森の空間でお昼寝タイムを楽しむ「ぬくぬく冬眠ハンモック」プラン

自然と文化を愛する人々が集う場所「軽井沢星野エリア」では、2020年11月14日〜2021年2月28日に、自然の中、プライベートな森の空間で癒しのお昼寝タイムを楽しむ「ぬくぬく冬眠ハンモック」プランを販売します。
軽井沢星野エリア内にある6つのレストランから選べる「冬眠ランチ」でおなかを満たした後は、エリア内に設置されたあたたかなテント型ハンモックで、ぬくぬくとお昼寝することができます。

「ぬくぬく冬眠ハンモック」の特徴

ぬくぬく冬眠ハンモック

コンセプトは、「自然に抱かれてぬくぬく。癒しのお昼寝タイム。」です。
軽井沢星野エリアは、渓流に沿って豊かな森が広がっています。
その一角には、カラマツやモミジなどの樹木に囲まれた森の広場があり、そこにハンモックを設置します。ハンモックは、一般的なベッド型ではなくテント型のものを用意し、プライベートな空間をつくりました。
中にはクッションやブランケットのほか、あたたかく過ごせるように湯たんぽと寝袋を設えました。
まるで冬眠するクマのように潜り込み、湯たんぽ入りの寝袋にくるまれば、至福のお昼寝タイムがやってきます。

選べる「冬眠ランチ」

ぬくぬく冬眠ハンモック

ランチは、軽井沢星野エリアにあるイタリア料理や欧風料理など6つのレストランから選べます。
冬眠前はしっかり食べることが大切です。美味しくて、ボリュームもたっぷりの「冬眠ランチ」を用意しました。
6店舗のひとつ、村民食堂のおすすめは「熟成味噌の煮込みハンバーグ定食」です。
とろけるチーズと熟成味噌を使用したソースを煮込んだ熱々の料理は、身体の芯から温まる一品です。

選べる6店舗:村民食堂(和食)
イル・ソーニョ(イタリア料理)
川上庵(蕎麦)
希須林(中国家庭料理)
沢村(欧風料理)
セルクル(フランス料理)

森の動物気分で「冬眠おやつ」

ぬくぬく冬眠ハンモック

お昼寝タイムのお供には、ハルニレテラス内にある和泉屋 傳兵衛の「ころころくるみ」を用意します。
信州はくるみの産地としても知られています。「ころころくるみ」は、くるみなどのナッツにハチミツを絡め、シナモンが香るしっとりとした生地で包んだお菓子です。 
お昼寝前に食べても、お目覚め後でも、好きなタイミングで食べられます。

「ぬくぬく冬眠ハンモック」プラン概要

期間:2020年11月14日~2021年2月28日
時間:11:00~15:00(受付時間10:30~13:30)
料金:1名あたり2273円(税別)
*子供料金の設定なし。ハンモックは大人1名につき小学生以下の子ども1名の同伴可能。
小学生以下の子どもがランチ利用する場合は、追加料金必要。中学生以上は大人料金。
内容:冬眠ランチ、ハンモック利用料、冬眠おやつ
定員:1日2組(1組2名まで)
場所:軽井沢星野エリア 星野温泉 トンボの湯横の広場
予約:公式サイトより要予約
備考:雨天・降雪時は中止
https://www.hoshino-area.jp

関連記事

ブランド・メーカー

  1. XLARGE

  2. DESCENTE

  3. mont-bell

  4. ARC’TERYX

  5. Coleman

  6. THE NORTH FACE

  7. CHUMS

  8. snow peak

  9. Patagonia

  10. GREGORY

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 手軽に持ち運べてテーブルにも置けるミニ薪ストーブ「Dear Stove」

  2. ポケモンセンターとLOGOSのコラボアイテム第2弾!秋冬のお出かけにぴったりな「#pokémonpicnic」全20種 新発売

  3. VASTLAND、荷物の運搬を快適にする「アウトドアワゴン ワイドタイヤ」&「キャンプトートバッグ 160L」を発売

  1. コメダ珈琲店、LOGOSとコラボした「2021年コメダの福袋」

  2. アウトドアでも電池切れ知らず!大容量でコンパクトなソーラーパネル&バッテリー「HANDY SOLAR」

  3. アウトドアやソロキャンプで大活躍のカセットこんろ「タフまるJr.」に新色のレッド登場