キャンプや焚き火で使いたい!身につける座布団「HISSIKI」

「身につける座布団HISSIKI」は猟師の知恵が生んだ尻当て(引敷)を現代風に作り変えたアイテムです。難燃生地【アルバートンGUNMAKU】と焚き火などの赤外線で温かくなる【スリバニットボア】使用。上部が開いて『山のエコバッグ』としても使えて、難燃性があるのでエプロンとしてもOKです。

アウトドアで「地面に座ると冷たい」「ゴツゴツした岩に腰掛けるとお尻が痛い」なんてことはございませんか?
HISSIKIはそんな悩みを椅子を使用することなく解決する。どこでも快適に座ることができる身につける座布団です。

身につける座布団HISSIKI

身につける座布団HISSIKI

表生地には株式会社カネカが開発した燃えにくい特殊繊維プロテックスを使用したGUNMAKUと裏地には焚き火などの赤外線を吸収し暖かくなるスリバニットを使用。
ふたつの特殊な生地を使用したアウトドアシーンに適したアイテムです。

身につける座布団HISSIKI

ミリタリーテイストを加えヴィンテージライクなルックスに仕上げた『絵になる座布団』です。

身につける座布団HISSIKI

『引敷』が備えた機能として耐水性、丈夫さ、保温性、難燃性、携帯性などが必要条件。
表面の生地には難燃性と耐水性を兼ね揃えた『ALBERTON 10oz ARMY DUCK GUNMAKU』の使用でした。

難燃生地【GUNMAKU】

身につける座布団HISSIKI

『ALBERTON 10oz ARMY DUCK GUNMAKU』はUSテント生地をベースに株式会社カネカが開発した『プロテックスM』という難燃素材を使用した正に実用性の高い今回の企画に最良の生地です。

温かくなる難燃ボアSLIVA KNIT

身につける座布団HISSIKI

裏地には通常のポリエステルボアでは、焚き火などの火の粉が飛ぶと燃え広がるという危険性があることから使用できず、『プロテックスM』を進化させた『プロテックスA』を使った難燃性のフリースボア『ALBERTON SLIVA KNIT』を使用しました。

身につける座布団HISSIKI

この株式会社カネカが新たに開発した『プロテックスA』を使用した『ALBERTON SLIVA KNIT(アルバートンスリバニット)』は従来の難燃素材に加え、焚き火などから出る赤外線を吸収し発熱するという機能をもった新しい素材です。

サイズスペック

身につける座布団HISSIKI

身につける座布団HISSIKI

⚫︎Mサイズ
縦:約50cm
横:約43cm
ウエスト:約85〜109cm

⚫︎Sサイズ
縦:約45cm
横:約39cm
ウエスト:約73〜97cm

関連記事

ブランド・メーカー

  1. mont-bell

  2. Patagonia

  3. XLARGE

  4. LOGOS

  5. DESCENTE

  6. snow peak

  7. Coleman

  8. atmos

  9. CHUMS

  10. ARC’TERYX

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. LOGOS、浮遊感ある新感覚BBQグリルにアンティークデザイン「S grill・モダンヴィンテージ」 新発売

  2. キッチンバサミ「Chef’s」はアウトドアで肉がサクッと切れる!

  3. LOGOS、鍋料理も同時に楽しめるゴトクや便利な着脱式サイドラック付き「eco-logosave スリムチューブグリル L・コンプリート」 新発売

  1. 脱ペットボトル!エシカルブランド「MOTTERU(モッテル)」より “持ち運び”に便利なボトルが新発売

  2. 太陽光エネルギーの力で本格料理が作れるSUNGOOD(サングッド)

  3. 「STANCER」とスキー・スノボ向けアプリ「yukiyama」が提携、自分だけのセッティングをデジタル管理出来る「STANCE.LAB」を提供