F1ドライバー、バルテリ・ボッタスが監修したグラベルロードバイク「キャニオン・グレイルCF SL VB77」

Canyon Bicycles GmbHのアンバサダーを務めるアルファロメオF1チームドライバーのバルテリ・ボッタスとのコラボレーション。ボッタスの母国フィンランドを象徴するイラストをフレームやホイールにあしらった、特別デザインのグラベルロードバイク「グレイルCF SL VB77」を世界限定100台で発売しました。

キャニオン・グレイルCF SL VB77

ヨーロッパや北米で流行する砂利道を舞台としたサイクリングのグラベルレース大会をプロデュースするほどの情熱的サイクリストである、アルファロメオF1チームドライバーのバルテリ・ボッタス。

レーシングドライバーの多くがスポーツ自転車で持久力強化のためのトレーニングを行っていますが、ボッタスはトレーニングにとどまらず世界のサーキットを転戦する際にキャニオンのロードバイクやグラベルロードバイクを持参し、つかの間のオフにはパートナーでプロサイクリストのティファニー・クロムウェル(キャニオン//スラムレーシング所属・オーストラリア)と共にその土地ならではのサイクリングを楽しんでいます。

キャニオン・グレイルCF SL VB77

このたびキャニオンとのパートナーシップの記念として、母国フィンランドを象徴するイラストをフレームやホイールにあしらった、特別デザインのグラベルロードバイク「グレイルCF SL VB77」を自身がフィンランドでプロデュースするグラベルレース大会「FNLD GRVL(フィンランド・グラベル)」開催に合わせて、世界限定100台で発売しました。

グレイルCF SL VB77の特徴

キャニオン・グレイルCF SL VB77

■極上の快適性能を達成した、画期的な二階建て構造のハンドル

路面からの衝撃と振動を打ち消すために、画期的な二階建て構造の「グレイルコクピット」を開発。
カーボンファイバーの持つ弾性を活かし、路面からの衝撃の入力とライダーのハンドルへの荷重によりハンドルが適度に変形。これにより衝撃と振動が打ち消され、ライダーには飛ぶように走る感覚として伝わります。
そしてステムから下ハンドル部に伸びる接合部に親指を引っ掛けて下ハンドル部を握ることにより、未舗装路の下りも安定した走行が可能になります。

さらに、リーフスプリング構造のVCLS 2.0シートポスト、最新のタイヤとホイールの組み合わせをはじめとして統合的に設計。
それにより未舗装路も舗装路も境目無く、飛ぶように長く走らせることができる、極上の快適性能と言える乗り味を見出したのです。

キャニオン・グレイルCF SL VB77

■キャニオンが培ってきた先進的な設計手法と、独自のパーツチョイス

1.最新のマウンテンバイクの設計手法を導入

直進安定性と、ダイナミックなライディングを可能にする俊敏なキャラクターを両立させるため、ロードバイクよりもホイールベースを延長しつつ、ハンドリングがダルにならないよう、短めのステムと広めのハンドルという、最新のマウンテンバイクの設計手法を取り入れました。

2.軽量ながら、未舗装路を走破できる剛性と耐久性

バイクの走行性能を高めるためには、軽さと剛性を両立させる必要があります。
世界最高峰のロード・マウンテンバイクレースで活躍する選手・チームをサポートするキャニオンの開発技術により、完成車重量は8.46kgと超軽量を達成。
同時に未舗装路を走破できる剛性と耐久性を備えます。

3.タイヤの選択と空気圧

バイクの走行性能と乗り心地に大きく影響を与える、タイヤの選択と空気圧。
完成車は幅40mmのタイヤに、グラベル用途に最適なリム内幅25mmのZipp(ジップ)社製ホイールを採用。
より低圧での使用を可能にし、凸凹の路面を浮遊するように走ることができるだけでなく、リム打ちパンクのリスクも低減します。
キャニオンとSchwalbe(シュワルベ)社製のG-one Rタイヤはハイレベルなトラクションと低転がり抵抗を両立。
それでいてグラベルを走り続けるための耐久性、しなやかさも持ち合わせています。

キャニオン・グレイルCF SL VB77

グレイルCF SL VB77の仕様

フレーム:Canyon Grail CF SL Disc(カーボン)

シートポスト:Canyon S15 VCLS 2.0 CF(カーボン)

サドル:Fizik Argo Terra X3

メインコンポーネント:SRAM Rival XPLR eTap AXS

ホイール:Zipp 303 Firecrest Force Launch Edition(カーボン)

タイヤ:Schwalbe G-One R, 40mm チューブレスレディ

<出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様。別売りのシーラント液とチューブレスバルブの使用により、チューブレス化可能。>

完成車平均重量:8.46 kg

価格:539,000円※

キャニオン公式ストア「グレイルCF SL VB77」特設ページ

https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/performance/grail/cf-sl/vb77/

関連記事

ブランド・メーカー

  1. DESCENTE

  2. Coleman

  3. Patagonia

  4. Columbia

  5. CHUMS

  6. ARC’TERYX

  7. GREGORY

  8. mont-bell

  9. LOGOS

  10. atmos

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. 1台で4役をこなすマルチに使える燻製器「MUS」

  2. LOGOS、簡単取り付けで2ルームが3ルームテントになるオプションアイテム「neos/Tradcanvasデビルブロックルーム ST-BC(ドゥーブルXL用)」

  3. 環境に配慮したキャンプへ。Montagnaから設営時のダメージから守る『ツリープロテクター』が登場