調理に最適なペレットストーブ「BURNING BASE」は新しいキャンプの必需品

薪・石油に次ぐ第3のストーブとして注目されているペレットストーブは薪でも使えます。燃料補給が簡単で、綺麗に長時間燃え続けます。煙が少なく快適に使え、火力調整が簡単なので調理も楽に美味しくできます。

ペレットストーブ「BURNING BASE」

秋・冬キャンプに最適!!木質ペレットストーブを使って、いつものキャンプにさらなる彩りと、充実した時間を提供します!

【木質ペレットの特徴】
・よく燃えるので、煙が出にくく、嫌な匂いが少ない!
・燃料補給の際に、手が汚れることなく、簡単に補給することが出来ます。
・一定の勢いで燃えるので、火力調整が簡単!調理も簡単に美味しく出来る!
・石油や薪に比べて、余った燃料の再利用が容易です!
・木をすりつぶして、ペレット状にしたものなので、運搬も保管も簡単!
ですが..
アウトドア用の木質ペレットストーブは、まだ国内でノウハウや種類が少なく、また高額であるのが悩みでした。

ペレットストーブ「BURNING BASE」

そこで、HEXIA CAMPでは、デザインや機能性は、もちろんのこと、利便性やコストパフォーマンスも追求したアウトドア用の木質ペレットストーブ「BURNING BASE」を制作いたしました。

製品の特徴

ペレットストーブ「BURNING BASE」

【運搬性】
薪は重く形が不揃いなため運搬性は無く、石油は専用の容器が必要になります。ペレットに関しては湿気に気をつければ、運搬容器を選びません!

【匂い】
ペレットは薪と同様に、木材なため匂いは気になりません。一部消臭効果のある製品もあります。

【燃焼時間】
石油に比べるとペレットは、燃焼時間が少し短いですが、同じ材質の薪に比べて、燃焼時間が長く、あわせて安定して燃焼し続けます。

【灰、煙】
薪に関しては、灰や煙はよく燃焼させたとしても、避けられない傾向にあります。その点木質ペレットは、木材を粉砕して固めた燃料のため、燃焼効率がよく、灰や煙が出にくい特徴があります。

BURNING BASE

ペレットストーブ「BURNING BASE」

【本体】:長さ(約)43cm×幅(約)20cm×高さ(約)28cm
・ペレット機構 接続時:長さ(約)60cm×幅(約)21cm×高さ(約)44cm
・炉内:長さ(約)38cm×幅(約)15cm×高さ(約)17cm
・上部調理スペース:長さ(約)21.5cm×幅(約)18cm
・下部調理スペース:長さ(約)17cm×幅(約)15.4cm×高さ(約)7cm
・重量:本体(約)9.8kg、ペレット機構部2.4kg、ロストル0.4kg

【煙突】:全長 約3m
・直径:Φ8cm
・重量:2kg

【2重煙突】
・全長:約50cm
・直径:Φ11cm

ペレットストーブ「BURNING BASE」

【セット内容】
①ストーブ本体 ②2重煙突 ③3M煙突(大) ④3M煙突(小) ⑤ペレット機構部
⑥煙突ジョイント ⑦ 薪用ロストル ⑧ペレット用ロストル

基本セットがあれば、ペレットを準備するだけで、すぐにお使いできる仕様となっております。

ペレットストーブ「BURNING BASE」

※煙突同士を重ねることが出来るので、6本を3本にすることができ、バック1つに収納することが出来ます。

関連記事

ブランド・メーカー

  1. Columbia

  2. DESCENTE

  3. Patagonia

  4. CHUMS

  5. ARC’TERYX

  6. XLARGE

  7. GREGORY

  8. THE NORTH FACE

  9. snow peak

  10. LOGOS

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. ステンレス製カトラリーセット「Gamp-Cutlery」はシンプルで持ち運びやすい

  2. ​NESTOよりBOOST規格を採用した27.5+MTB「TRAIZE PLUS」新発売

  3. EENOURポータブル発電機 SC2300i 2台並列運転実現!