キャンプ・アウトドアで組立簡単なステンレス素材の「LUPINE 焚火台 AIR」

サイズと素材が変更になり、持ち運びが便利で、さらに使いやすくなったLUPINE焚き火台は、簡単セッティング!広げて差し込んで載せると準備完了!しっかりとした安定感がある焚火台です。

軽量化してLUPINE焚き火台が再登場!ステンレス素材に変更し、軽くそして、サビにも強くなりました。
また、さらに軽量、コンパクトになったLUPINE焚き火台AIR Sも!!

LUPINE 焚火台 AIR

足場の悪い、石がごろごろした河川敷でもしっかりと固定されて、キャンプ料理をいろいろな場所で楽しめます。

LUPINE 焚火台 AIR

大きな薪もそのまま入れれるので、細かく割る作業も必要なくて効率もUP!

LUPINE 焚火台 AIR

軽量化になったので、持ち運びも楽々。
キャンプやアウトドアは荷物が多くなりがち。少しでも軽く。少しでも少なくしたい。
前のバージョンよりもAIRは約3Kg、AIR Sは約6Kgも軽くなりました!

LUPINE 焚火台 AIR

片付けも簡単。
灰皿を専用取っ手で持ち、底板へ落とします。底板にある灰を捨てればOK。
わざわざ本体ごと灰を捨てる場所まで持って行く必要はありません。
LUPINE焚き火台は軽く拭いて、専用収納ケースにしまえば、あっという間に片付けできます。

LUPINE 焚火台 AIR

概要

LUPINE 焚火台 AIR

LUPINE 焚火台 AIR

LUPINE焚き火台 AIR S
重量(本体)約4.5kg (テーブル)約1.2kg
素材(本体)ステンレス304 (脚)ステンレス304
専用ケース 約49 x 約36 x 約11 cm

LUPINE焚き火台 AIR
重量(本体)約7.2kg (テーブル)約2.7kg
素材(本体)ステンレス304 (脚)アルミニウム
専用ケース 約55 x 約40 x 約14 cm

LUPINE 焚火台 AIR

関連記事

ブランド・メーカー

  1. atmos

  2. ARC’TERYX

  3. XLARGE

  4. Coleman

  5. DESCENTE

  6. snow peak

  7. CHUMS

  8. Patagonia

  9. LOGOS

  10. THE NORTH FACE

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. atmosとGRIPSWANYによるアウトドアテイストを盛り込んだ「ASICS SportStyle GEL-SONOMA 15-50 GTX」が登場

  2. アウトドアでも手軽に本格マサラチャイを楽しめる「焚き火でチャイ」

  3. 遠征釣行に、パックロッドに最適サイズのロッドケース発売

  1. 伊豆半島の最先端に位置する「BY-THE-SEA」、グランピングとプレミアムキャンプサイトを開始

  2. ウレタンの匠が作る極上マット!キャンプでおうちの寝心地アウトドアマット「TABIJI」

  3. 冬キャンプで大注目の“煙突穴付き” 「スノートレッカーテント」