フィールドフレンドリーという考え方から生まれた新しいストーブ 「tab. Field Stove Trigon」

「tab.(タブ)」より、環境に配慮し、地面への熱ダメージゼロで調理や焚き火を楽しめるストーブ「tab. Field Stove Trigon(トリゴン)」を発売します。

ab.の新しいストーブ「トリゴン」は、【フィールドフレンドリー】【ユースフル】【サスティナブル】という3つのコンセプトから生まれた新しい形のストーブです。地面や生き物を傷つけず、自然の中で調理や焚き火を安心して楽しめるストーブ。それが「トリゴン」です。

tab. Field Stove Trigon

フィールドフレンドリー:自然を傷つけない

tab. Field Stove Trigon

トリゴンのユニークなデザインは、地面に熱を伝えない構造を可能にしました。火床を高く設計し、本体底が火種と熱気を受け止めることで直下の地面にほとんど熱を伝えません。

逆三角錐の本体とそれを支える3本脚は、縦長のフォルムを安定させながら熱を放熱し、下まで熱が伝わらないように設計されています。

また、独自の燃焼構造が効率の良い燃焼を促すため、薪も煙も燃え残りも少なく、環境負荷を軽減します。

ユースフル:1台で調理と焚火が楽しめる

tab. Field Stove Trigon

トリゴンはこれ1台で調理も焚き火も楽しむことができ、座っても立っても調理しやすい絶妙な高さに設計されています。

調理の時はサイドから薪を投入し、火加減の調節も自由自在。煙突効果で石窯のような力強い炎から、囲炉裏のような穏やかな炎まで使い分けられるので、料理のバリエーションが広がります。極太ステンレス線のゴトク網は重たいダッチオーブンなどもしっかり保持。スキレットを3台並べて置ける広さがあるので、調理をしながらお湯を沸かすなど同時に複数の調理が可能です。

サイドパネルを閉じて上から薪を投入すると焚き火台に。縦長のフォルムでかがり火のようなダイナミックな炎を楽しむことができます。横風に強く、ガラス越しには炎の揺らめきを見ることができます。

サスティナブル:分解可能で永く使え、リサイクルしやすい

tab. Field Stove Trigon

本体は耐久性が高く、リサイクルもしやすいステンレス製。各パーツは分解できるので傷んだ部分だけを交換し、お手入れをしながら永く使っていただくことができます。膨張係数ゼロの耐熱ガラスは熱くなっている時に水がかかったとしても割れません。

必要なパーツだけを交換しながら永く使えるトリゴンは、限りある資源を有効に使い、循環可能な未来を目指すサスティナブルな時代にフィットした新しいストーブです。

各パーツは来年以降順次直営のWEBショップ(tab.shop: http://tanaka-bun.jp/tab-shop/ )にて購入可能。

『tab. Field Stove Trigon』概要

tab. Field Stove Trigon

名称  : tab. Field Stove Trigon(タブ フィールドストーブ トリゴン)
発送時期: 12月上旬予定
定価  : 49,500円(税込)
サイズ : 幅300×高さ510×奥行310(mm)
重量  : 6.6Kg
素材  : ステンレス・耐熱ガラス
URL   : https://www.tanaka-bun.jp/trigon/

関連記事

ブランド・メーカー

  1. THE NORTH FACE

  2. LOGOS

  3. ARC’TERYX

  4. Columbia

  5. GREGORY

  6. atmos

  7. XLARGE

  8. Patagonia

  9. mont-bell

  10. Coleman

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. LOGOSの「ウッドなランタンフック」はテコの原理で簡単セット!ランタンやポールのサイズに応じて使い分け可能

  2. EENOUR スポットクーラー3.0 PA600が新発売

  3. LOGOSの「サーモアヘビーフーディ(Family)」は軽くてあったか!家族でおそろいコーデができるエコダウン!