シリーズ最大の窓で炎が見やすい「ワイドウィンドウ付きハンディー型薪ストーブ」をLandField発売

シリーズの中でも特長的な大きな窓は、中の様子が見やすいだけでなく、燃料の投入も行いやすく進化しました。大きい窓から覗かせる炎の”ゆらぎ”を囲み、炎の暖かさを肌や目で感じ、ゆったりと流れる至福のひとときをお過ごしください。野外での暖房器具としてはもちろん、天板の熱を利用して湯沸かしや、付属の蓋を取り外せば直火の加熱調理にも使用できます。 秋・冬キャンプシーズンにはぴったりのアイテムです。キャンプやアウトドアにはもちろん、災害時など、もしもの時の備えにもなります。

アウトドアの悩みを解決
テント内を暖かくしたい
本格的な火を使った料理をやりたい
安全に焚き火がしたい
キャンプ調理器具として、暖をとるストーブとして1台2役の薪ストーブ

丸蓋を取れば直火で調理も可能
もちろん天板に置くだけでも調理や保温等可能です!

用途いろいろ
バーベキュー・キャンプ・災害時など、さまざまな活動を快適にサポート

ワイドウィンドウ付きハンディー型薪ストーブ

POINT1 フロントの大きな耐熱ガラス
何といってもフロントの大きな耐熱ガラスが特長的!
中の様子が分かりやすいので、火の具合が確認しやすく、燃料も投入しやすいです。
シリーズ内ダントツの大きさで、夜でも明るさバッチリ!

POINT2 広い天板でラクラク調理
丸蓋を開けることで直火の調理も可能!
天板が広いので、マグやメスティン等複数置くスペースが確保できます。

POINT3 空気を取り込み煙を逃がす
上部のノブをスライドさせて空気を取り込むことにより、煙が煙突を通りやすくなり、煙たさが軽減されます。

POINT4 火力の調節が可能
灰受けに付いているノブでストーブ内に送る空気を調節できます。

POINT5 灰受けでしっかりと灰を確保
下部にセットした灰受けで、燃えた灰を落とさず受け取れるので、引火を防ぎ、汚さずに薪等を燃やすことができます。

ワイドウィンドウ付きハンディー型薪ストーブ

ワイドウィンドウ付きハンディー型薪ストーブ

品番:LF-HOS030
サイズ
使用時:約W44×D33×H212cm(煙突、パーツ含む)
収納時:約W44×D33×H41.7cm
重量:約19kg
耐荷重:約30kg
煙突長さ:1本あたり約32.5cm(直径約8cm)
材質
本体:鋼(スチール)
煙突:ステンレス
脚部:鋼(スチール)
止め金:鉄

関連記事

ブランド・メーカー

  1. GREGORY

  2. THE NORTH FACE

  3. atmos

  4. ARC’TERYX

  5. Patagonia

  6. Coleman

  7. CHUMS

  8. LOGOS

  9. snow peak

  10. XLARGE

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. キャンプでの使い勝⼿を重視したこだわりのブレンド醤油「キャンプ醤油(CAMP SOY SAUCE)」全国一般販売開始

  2. サスティナブルなキャンプギアに欠かせないLEDライト『LED SUPER FLASH LIGHT』

  3. スノーボードとヒップホップのクロスオーバーによる新たなカルチャーの創造 BurtonとRun DMCによる限定コラボレーション