Coleman、着脱可能なフード付き封筒型スリーピングバッグを新発売

フードを頭からすっぽりかぶってあたたかく眠れる。Colemanは、フードによって快適温度を調整できるスリーピングバッグ「パーカー / C2」「パーカー / C-3」「DSパーカー / C-6」を2023年2月より順次発売します。

■意外(?)と多い頭からの放熱
頭部は脂肪が少なく血管が多いため、体外への熱の放熱量の25%~30%を占めているといわれています。
そのため睡眠中の体温低下を抑えるには、頭部からの放熱を抑えることが重要です。
寒い時期に帽子をかぶって暖を取るようにフードを使用することで放熱を防ぎ、あたかかく過ごすことができます。

■フードを着脱して快適温度を調節できるスリーピングバッグ「パーカー / C2」
封筒型スリーピングバッグ

取り外し可能なフードの付け外しにより、突然の気温変化にも2℃~8℃まで快適温度を調整することができます。
その日の気温に合わせて衣服やブランケットで調整をしていた方も、フードを頭からすっぽりかぶればよりあたたかく、フードを外せば涼しく過ごすことができます。
使用していないフードは収納袋に戻せば枕になります。
封筒型は、お布団に近い使い心地でマミー型に比べてゆったりしていて、寝返りもうちやすいのが特徴です。
ファスナーをフルオープンすれば同モデルとの連結も可能で、親子で一緒にお使いいただけます。

■フードの着脱、2枚のレイヤーを組み合わせて様々なシーンで使用できるスリーピングバッグ「パーカー / C-3」
封筒型スリーピングバッグ

取り外し可能なフードの付け外し、2枚のレイヤーの組み合わせで-3℃~13℃まで快適温度を調整することができるので、寝袋をいくつも持つ必要なく様々なシーンでお使いいただけます。
アウターに暖かみのあるフリース生地、インナーに肌触りの良い起毛生地を使用。
フードはアウターとインナーの両方に取り付け可能で、使用していないフードは収納袋に戻せば枕になります。

■暖かさと軽量化を両立した4シーズン活躍するスリーピングバッグ「DSパーカー / C-6」
封筒型スリーピングバッグ

インナーの中綿にポリエステルを使用し、アウターには軽くて保温性に優れたダウンを採用することによって、3.0kgと軽量かつφ約31cmとコンパクトに収納できます。
取り外し可能なフードの付け外し、2枚のレイヤーの組み合わせで快適温度-6℃~9℃まで調整することができるので、1年を通して使用が可能です。
封筒型なのでお布団に近い使い心地でマミー型に比べてゆったり寝返りもうちやすくなっています。

コールマン http://www.coleman.co.jp/

関連記事

ブランド・メーカー

  1. snow peak

  2. mont-bell

  3. Coleman

  4. DESCENTE

  5. THE NORTH FACE

  6. LOGOS

  7. atmos

  8. GREGORY

  9. Columbia

  10. CHUMS

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. アルツ磐梯・猫魔スキー場、3密が発生しない安心の雪山で「スキー・スノーボード」を楽しもう

  2. マリモクラフトより「ポケモン アウトドアシリーズ」が登場

  3. LOGOSを代表する2ルームテント「Tradcanvas PANELドゥーブルXL」新発売