車中泊に便利! ブランケットにもなって2WAYで使用できる「INEASTホットマット&ブランケット」

USB電源で暖かくなるホットマット。アウトドアやキャンプ、 車中泊やテント泊、車移動。 インドアでも肩掛けやひざ掛けとして利用できるのでより便利になりました!

■今までのホットマット
通常のホットマットはACコンセントのため、家やオフィスなど屋内の限られた場所でしか使用できず、移動するときは、コンセントを抜いて移動するしかありませんでした。
・コンセント使用で移動ができない。
・消費電力が高く、電気代も高い。
・嵩張るので収納や保管が邪魔。持ち運びに不向き。

■USB電源で使用場所が広がる、INEAST USBホットマット
USBホットマットは、電源がUSBコネクターになっていて、使える電源の種類が増えるのでとても便利です。
AC電源からACアダプターを使用して使うことももちろんできますが、ポータブルバッテリーやモバイルバッテリーなどからも電源がとれるので、屋内に限らず、アウトドアやキャンプ、車など屋外での使用も可能です。

INEAST USBホットマットの特徴

INEASTホットマット&ブランケット

・インドアでもアウトドアでも
部屋やリビング、ベッドでの使用はもちろん、アウトドア、キャンプ、車中泊、スポーツ観戦など、外出先でも使用できるのでとても便利です。
3段階の温度設定が可能なリモコン付き(専用コードはタイマー機能あり)。

・ホットマットだけでなく、ブランケットとしても使用できる2WAY
ホットマットとして敷いたり、毛布のようにかけたり。
肩掛けや腰巻き、ひざ掛けなど様々な用途で利用が可能です。

・ハイパワー&省電力の2通り!
さらに今回は、過去商品のお客様からの声を反映し、「省電力でバッテリーが長持ちする」省エネ10Wと、「ハイパワーで全体を暖かく」できる20Wの2種類の発熱線が配線されています。

・USB電源で省エネ、節電対策!
USBコネクターを採用しており、ACコンセントはもちろん、モバイルバッテリーやポータブルバッテリーでも使用ができます。モバイルバッテリーを使用すれば、持ち運びも楽にできるので、移動も簡単です。
USBを使用することで、消費電力を抑えることができ節電対策にも効果大です。Type-Cコード(10W)を使用すると、わずか93円!(1日10時間で30日使用した場合)。最近は物価高や光熱費が高いので、出費を抑えられるのは助かりますね。

・サイズアップでもコンパクト収納!
以前のホットマットは150cmx60cmと長細い形でしたが、今回は140cmx80cmと横幅を20cm広くしました。
ホットマットとして使用したときは、寝返りしてもはみ出すことがありません。
この大きさにしたことで、ブランケットとしても使用することができるようになりました。
広げると大きいですが、畳むとコンパクトに。持ち運びや保管に便利です。

INEASTホットマット&ブランケット

・電源OFFでも暖かい?!ポケットや撥水加工、洗濯もできる!
撥水ナイロンの撥水加工で水や汚れを防止し、柔らかくてふわふわなフェイクラビットファーで暖かさを維持し、触り心地が優れています。
フェイクラビットファー側にポケットがついており、モバイルバッテリーを入れたり、手を入れて巻いたりすることができます。洗濯ネットを使用すれば、洗濯機で洗うこともできるので衛生的!

INEASTホットマット&ブランケット

カラー:カーキ、マスタード、ベージュ

サイズ:140cm×80cm

重量 :約780g

素材 :フェイクラビットファー、撥水ナイロン

関連記事

ブランド・メーカー

  1. snow peak

  2. ARC’TERYX

  3. atmos

  4. DESCENTE

  5. Coleman

  6. GREGORY

  7. Patagonia

  8. THE NORTH FACE

  9. Columbia

  10. CHUMS

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. 冬も近場でキャンプ!地元を楽しむ”ローカルキャンプ”をご提案

  2. NASPA 30th Anniversary Winterがまもなく開幕

  3. キャンプYouTube「タナちゃんねる」発ギアブランド『TOKYO CRAFTS』から焚火台「KUBERU」登場