サイクルブランド「C by CLAMP」、セミオーダーのグラベルフレーム「CG」受注開始

長野県伊那市を拠点に、 “GUIDE FOR MOVING.”を掲げ、自転車とアウトドアやアクティビティを総合的に提案するセレクトショップCLAMPの理念から生まれたサイクルライフスタイルブランド「C by CLAMP」。

C by CLAMP

バックカントリースキーをバックボーンに持つ、ディレクター武村信宏が、長年培ってきた経験と、多彩な自然環境が揃う長野県伊那谷で、日常的なフィールドでテストを重ねてつくられるプロダクトは、その人それぞれのライフスタイルに合わせた多様性と変わらない価値を通じて、C by CLAMPは日常と自然をつなぐ存在として、これからの時代における「自転車のあるライフスタイル」として日常を豊かにする体験の提供を目指しています。

第一弾として登場するグラベルバイク「CG」は、いかに日常と自然、その過程をスムーズに行き来し、最大のパフォーマンスを得る事ができるかを追い求め、ブランド独自コンセプトである「GRAVEL+(グラベルプラス)」が実現する幅広いフィールド特性を持ちます。

ABOUT C by CLAMP

C by CLAMP

環境に自然と溶け込み、その人の日常を一本のラインとしてつなげ、彩る事を目指すC by CLAMPのプロダクト。
バックカントリースキーをバックボーンに持つ、CLAMP ディレクター武村 信宏が長年培ってきた経験からはじまり、多彩な環境が揃う長野県 伊那谷で、自身の日常的なフィールドでテストを重ねて作られていきます。

C by CLAMP

本質的な価値を突き詰めることで生まれたフレームや道具たちは、フィールドだけでなく、その人それぞれのライフスタイルに合わせた多様性と、変わらない価値を提供していきます。

C by CLAMP

多様な経験、多彩な土地から生まれた手に馴染む道具は、日常の一部となり自然に溶け込む。これが、C by CLAMPの哲学です。

“CG” C by CLAMP Gravel Bike Flam

C by CLAMP

ブランド初となるシグニチャーフレーム「CG」の特徴は、最大29×2.25まで対応するタイヤクリアランスを確保した、C by CLAMP独自のコンセプトである「GRAVEL+(グラベルプラス)」が実現する、普段でも乗りやすく、ツーリングからトレイルライドまで、この一台でこなす幅広いフィールド適性を持ちます。

C by CLAMP

ディレクター武村 信宏の原点でもあるバックカントリースキーからインスパイアされたシンプルなストライプ。
さらに、豊富に備えられた「アイレット」により、様々なキャリアやオプションにも対応することができ、その人それぞれに合わせたカスタマイズが行えるハンドメイドのセミオーダーフレームです。

詳細

GRAVEL+(グラベルプラス)
最大29×2.25まで対応するタイヤクリアランスを確保し、ツーリングからトレイルライド、日常までを一台でこなすC by CLAMP独自のコンセプト。

ジオメトリー
ワイドハンドルとショートステムの使用を前提とした長めのトップチューブ。シートチューブはドロッパーポストも使えるよう短めに設定。
シートステー、チェーンステーに入れられた緩やかな曲げ加工は、タイヤのクリアランス確保の為だけでなく、しなりを活かしたしなやかな乗り心地を実現。
左右のチェーンステーを繋ぐブリッジを廃することで、よりリア三角のしなりを生かす設計に。

フロントフォーク
Kirk Pacenti デザインのフォーククラウンに、緩やかにベンドされたフォークブレードは地面からの衝撃を優しくいなしてくれると共に、フロント~センターを長くとることにより、安定した走りを実現し、太いタイヤを装着してもハンドルを切った際に足にあたりにくい。
フォークの肩側がうすくエンド側が肉厚なバテッドチューブを使用することにより、軽さと剛性をバランス良く両立。

ヘッドチューブ
上下内径を44mmにすることでヘッド周りの剛性があがり、トレイルでの下りも楽しめる安定したハンドリングを実現。
また、ヘッドパーツの選択次第でテーパードコラムのカーボンフォークもインストール可能で、用途や乗り方に合わせた選択が可能。

ブレーキ・エンド企画
Front 100x12mm、Rear 142x12mmのスルーアクスルを採用し幅広い選択肢からアッセンブル可能。
剛性があがり大径タイヤを装着してもホイールがよれることなくコーナーでも思い通りのラインをトレース。
ブレーキはドロップハンドル用ディスクブレーキ規格の主流となっているフラットマウントを採用。

アイレット
バイクパッキングのための豊富な「アイレット」をフロントとリアに備え、今後開発予定の専用リアキャリアと専用バッグを使用することにより、大型サドルバッグを使用せずに荷物の運搬を可能にし、タイヤとのクリアランスを気にすることなくドロッパーポストのストロークを使い切ることが可能に。

C by CLAMP

その人の、手に馴染む道具に仕上げることを目指したオーダーのプロセスは、試乗から始まり、時には一緒にフィールドまで足を運び、ライディングやあなたのライフスタイルに合わせてコーディネートを行い、その後フレームビルダーが一本一本ハンドメイドでつくるフレーム。
ルーツであるスキーからインスパイアされたシンプルなライン。そのカラーリングは、山の上にある、ペインターのアトリエへ向かい、職人と話し合いながら決めていきます。
フレームを育んだ伊那谷の織りなす自然のカラーパレットもおすすめです。つくりあげるすべての過程が体験となります。

1

2

関連記事

ブランド・メーカー

  1. CHUMS

  2. DESCENTE

  3. atmos

  4. mont-bell

  5. snow peak

  6. ARC’TERYX

  7. Columbia

  8. LOGOS

  9. XLARGE

  10. Patagonia

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 軽くて頑丈! 薄さたった6cmの円盤形に折りたためるチェア「Samicon MC2」

  2. LOGOS、軽量&コンパクト収納可能でソロキャンプにぴったり!「SOLO用テーブル」2種 新発売

  3. 自転車用品・工具ブランド「Samuriding(サムライディング)」の公式オンラインストアがオープン

  1. スタジオジブリの『GBL』よりL.L.Beanとのコラボトートバッグ2種&キーチェーン2種発売

  2. Coleman×URBAN RESEARCHの再予約がスタート

  3. 「NAFUAIR 温度調整機能付き 電熱ジャケット」最大60℃発熱!