CampYamabikoの焚き火台は無骨で頑丈!炭も使える焚き火台

CampYamabikoの焚き火台とは?

CampYamabikoの焚き火台

今まで色んなキャンプ用品で焚き火や調理をしていくうちに自分でも作ってみたくなってしまいました。
もし自分が作るなら ああしたい!こうしたい!という思いを形にした焚き火台です。
組み立てが簡単なのは勿論の事、大きいスキレットやダッチオーブンのような重い物をそのまま乗せて調理したかったり、調理器具も2つ同時に乗せれるようにしたかったり、その調理の最中に薪を足したいのだけど、乗せてる調理器具をどかさず追加したかったり、薪だけじゃなく調理で炭を使いたくなったり、調理が終わった後、また簡単に焚き火に戻れるようにしたかったり、そんな思いを形にしてみたのが この焚き火台です。

CampYamabikoの焚き火台

CampYamabikoの焚き火台の特徴

CampYamabikoの焚き火台

無骨で頑丈な焚き火台を考えて製作しました。
3.2mm板厚のSPHC鉄板を使い、ダッチオーブンのような重い物を使っても全然余裕です!

一番のこだわりが薪の追加です。
手順は横板パーツを一旦外し、そこから薪を足すだけ。高さが83㎜あるので結構な大きさの薪でも横から足せます。
35㎝までの長さの薪なら はみ出ることなく入ります。それ以上の長さの薪の場合は横板を外したまま使います。

また、3.2㎜のSPHC熱間圧延鋼板で作っているので、薪だけでなく炭を使いたい時も問題なく使用できます。

仕様詳細

CampYamabikoの焚き火台

【大きさ】40㎝×25cm×21.5㎝
【標準鉄板】24㎝×14.5㎝ 鉄板の厚さ3.2㎜
【特大鉄板】33㎝×24㎝ 鉄板の厚さ3.2㎜

関連記事

ブランド・メーカー

  1. GREGORY

  2. atmos

  3. Patagonia

  4. snow peak

  5. CHUMS

  6. LOGOS

  7. mont-bell

  8. XLARGE

  9. ARC’TERYX

  10. Columbia

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 薄くて軽い組立式、堅牢なステンレス製『本能寺の変な焚き台』

  2. 無限に広がる拡張性!組み立て式アイアンランタンハンガー

  3. ​コンパクトな収納!野遊び好きが本気で考えた焚火台「OYAKATA」

  1. キャンプやグランピング、アウトドアで本格焼鳥を楽しめる「鳥幸オリジナル焼き台」がキャンペーンを開催

  2. 大山神社(自転車神社)境内に「ろんぐらいだぁすとーりーず!」のしまなみ海道サイクリングロード支援自動販売機

  3. バイザーとレンズが一体となったウインタースポーツヘルメット 「CP(シーピー)」NEWモデル