gigiの焚き火台「マガジンラック」は組み立て式で持ち運びがラク!

gigiの焚き火台「マガジンラック」は組み立て式で持ち運びがラクです。少ないパーツでメンテナンスもスムーズに、あえて無塗装にし鉄の焼ける色を楽しんでもらえるアイテムです。

gigiの焚き火台「マガジンラック」のこだわり

gigiの焚き火台「マガジンラック」

少数キャンプ向けの焚き火台

ソロはもちろん2〜3人で楽しめるサイズ感

また、組み立てた時のデザインにもこだわって作りました。
アイアン家具を日々作っている経験から、デザインにはこだわりリビングに置いてある様なマガジンラックからヒントを得て、このデザインになりました!

gigiの焚き火台「マガジンラック」

そんなマガジンラックから上がる火を囲み、家族や仲間と共に楽しい時間をお過ごしください。

組み立て

gigiの焚き火台「マガジンラック」

組み立ては差し込むだけでとても簡単、4種類のパーツを組み立てるだけです。
組み立て後のサイズは35㎝×30㎝高さが15㎝と、全てのパーツが3.2ミリ!!
鉄加工会社が長年の経験から選び抜いた板厚は、鉄板が薄い物とは違い歪みにくく、重みがある分地面に置いた時の安定感が抜群です!
※:使用頻度によって異なる事がございます。ご注意ください。

収納サイズ

gigiの焚き火台「マガジンラック」

収納する時には平置き35㎝×21㎝の高さ2㎝程度になり、持ち運びにもぴったりです!

付属のプレート(ヘリポート)は30㎝×15㎝の板厚は3.2ミリ、市販のB4サイズのファイルバックにスッポリ収納出来ます!

gigiの焚き火台「マガジンラック」

gigiの焚き火台「マガジンラック」

(本体)マガジンラック
(プレート)ヘリポート
※細かい部品が無い為、メンテナンスが簡単です!

関連記事

ブランド・メーカー

  1. ARC’TERYX

  2. Patagonia

  3. GREGORY

  4. mont-bell

  5. CHUMS

  6. Columbia

  7. Coleman

  8. LOGOS

  9. XLARGE

  10. DESCENTE

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 「Snow Peak」と「JINS」が初のコラボレーション「JINS×Snow Peak」サングラスが登場

  2. イワタニ新商品、「やきまるⅡ」「炙りやⅡ」「炎たこⅡ」新発売!

  3. 「MonoMax」、昨年完売の「CHUMS 大容量ドライバッグ」が別カラーで復活!8/3発売

  1. ミニマルキャンピングテーブル「hue outdoor Table」はくるっと丸めて持ち運べる軽量マルチミニテーブル

  2. 折りたたみができて12.8kgの軽量、7.0Ahバッテリー搭載の電動アシスト自転車が誕生

  3. Beyoncé(ビヨンセ)とadidasのコラボ「adidas x IVY PARK」