コンパクト仕様・拡張性のある焚き火台

コンパクトボディに焚火台の機能を凝縮し、拡張性を持たせた構造。各種オプションパーツを取り付け可能で、切断精度が良く、エッジが際立つ事でデザインに凄みを持たせた、ミリタリー感溢れる焚火台です。

焚き火台

[拡張パーツ・テーブル使用時]

焚き火台

[拡張パーツ・薪台使用時]脚部の差し替えでテーブルから薪台へ変更可能。

焚き火台

リロード待ちの薪を搭載可能

焚き火台

焚火台としては勿論、調理する際は幅の調整ができるブリッジ(五徳)を利用し調理器具の大小にも対応可能です。

仕様

焚き火台

ボディサイズ 303x210x20(mm) 本体重量5.4kg 材質(鉄・黒皮)

焚き火台

[焚火台の基本パーツは全て本体内収納]

焚き火台

[脚部・五徳・ロストルなど8パーツを収納]

焚き火台

[完成図]8パーツ全てを組付けた状態

焚き火台

[ブリッジ(五徳)は幅の変更が可能]

焚き火台

[ブリッジを取外し、ベースの五徳のみも可能]

焚き火台

[五徳・ロストルも外して使用可能]

焚き火台

[拡張パーツ Reload or Base] ボディサイズ 300x188x10(mm) 重量1.2kg材質(鉄・黒皮)

焚き火台

[拡張パーツ Base(テーブル使用時)]

焚き火台

[拡張パーツ Reload(薪台使用時)]

焚き火台

[脚部の差替えで選択可能(テーブル・薪台)]

関連記事

ブランド・メーカー

  1. THE NORTH FACE

  2. DESCENTE

  3. Patagonia

  4. LOGOS

  5. mont-bell

  6. CHUMS

  7. GREGORY

  8. atmos

  9. snow peak

  10. Columbia

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 「スポーツオーソリティ」×「Coleman」のテント「アテナシリーズ」を3種発売

  2. ソロキャンプで大注目のキャブヘイ初著書『準備はリュック1つ! キャブヘイの日本一身軽なソロキャンプ』

  3. キャンピングカーのレンタルに特化した予約・情報サイト「Camp Ride(キャンプライド)」

  1. 中部・東海エリア最大級のスポーツ自転車の祭典「NAGOYA Cycle Sports Days 2021」4/17・18開催

  2. AUKEYのポータブル電源「PowerStudio」にホワイト登場

  3. PICAリゾート10施設で日清食品「カップヌードル」とコラボキャンペーン実施