Colemanより、ソロキャンプ用の焚き火台が登場!ソロサイズでも豪快な焚き火を実現

Colemanは、ソロキャンプに最適な焚き火台「ファイアーディスク™ソロ」と、焚き火の際に地面を守る「ファイヤープレイスシート」、焚き火料理の幅を広げる「グリルバスケットクッカー」を、2020年3月に発売しました。これからソロキャンプデビューを検討している人に、おすすめの製品となっています。

簡単設営・撤収のファイアーディスク ソロキャンパー用サイズ「ファイアーディスク™ソロ」

ソロキャンプ用の焚き火台

3秒で設営可能な簡単すぎる焚火台「ファイアーディスク」に ソロキャンパー用サイズが登場しました。
持ち運びやすい800g、焚き火台の直径は30cmで、大き目の薪もカットせずにそのまま載せられるサイズです。
耐荷重25kgでダッチオーブン10インチまで使用することができます。

安心・安全な焚き火をサポート「ファイヤープレイスシート」

火の粉から地面を守る焚き火シートがついにコールマンから登場です。
大きく使える80cm×80cmサイズなので、ソロ用だけでなく、通常のファイヤーディスクでも使用できます。
耐熱温度600℃のグラスファイバー生地使用でシート自体が焦げ難く、四隅のハトメで地面に固定可能なので不意の強風で焚き火台ごとひっくり返される危険も防げます。
いくら焚き火が楽しくても、火の粉や灰で大地を痛めたり、周囲の草木や落ち葉を延焼させることは、重大なルール違反。
自然に負荷をかけず、安全に配慮できるグッドキャンパーになって、焚き火を思う存分楽しもう。

焚き火料理の幅を広げる「グリルバスケットクッカー」

ソロキャンプ用の焚き火台

焚火に直接かざす、またはグリルの上において両面を焼くことができる焼き網です。
魚や肉をバスケットに入れたままひっくり返すことができるので、食材を型崩れさせることなくキレイに焼き目を付けられます。
メインディッシュからちょっとしたおつまみまで、焚火料理のレパートリーを広げ、焚き火をとことん楽しむことができるアイテムです。

関連記事

ブランド・メーカー

  1. GREGORY

  2. snow peak

  3. Patagonia

  4. THE NORTH FACE

  5. ARC’TERYX

  6. CHUMS

  7. XLARGE

  8. Coleman

  9. DESCENTE

  10. atmos

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2021年6月号「うまいビールとアウトドア。」発売

  2. ショッフェル×野良道具製作所の日独匠コラボレーション!キャンプと焚火シーン専用にカスタマイズ可能なベストやベルトなど展開

  3. atmosより初展開となるJADEカラーを落とし込んだオリジナルアウトドアグッズが登場

  1. 中部・東海エリア最大級のスポーツ自転車の祭典「NAGOYA Cycle Sports Days 2021」4/17・18開催

  2. トイレットペーパーが持ち運びに便利なコンパクトサイズに! 「携帯トイレットペーパー[KTP]」を11/10より販売開始

  3. LOGOSの火鉢のようなミニかまど「LOGOS カマドCHA!」はソロキャンプにぴったりサイズ!