鉄加工プロとキャンププロ開発のキャンプギア第二弾!焚き火台「ハニカムファイヤーベース」

登山専門メディア「PEAKS」増刊のムック本「CAMP TOOLS」と、日本を代表する造船の地、瀬戸内で生まれたキャンプギアブランド「THE IRON FIELD GEAR」がコラボした完全オリジナルキャンプギア「ハニカムファイヤーベース」が、PEAKS公式オンラインストア「GOOD LIFE GOODS」にて好評販売中です。

「ハニカムファイヤーベース」特徴

ハニカムファイヤーベース

焚き火へと誘う武骨鋼鉄パーツ
開閉式脚付きの本体パーツに、ロストル、ゴトク、風防パーツ6枚を組み合わせる、全9枚の鋼鉄板からなる簡単設計。
それぞれのパーツはすべて立体的な板状なので収納も非常にコンパクトでかさばらず、焚き火料理を充実させたいソロキャンパーにもおすすめです。

ハニカムファイヤーベース

持ち運び時は付属の袋に収納
焚き火台一式をコンパクトに収納できる「CAMP TOOLS」と「THEIRON FIELD GEAR」のロゴが入ったオリジナル防水スタッフバッグ付き。
焚き火台の後片付けの際に、必ずしもキレイに掃除することが叶わないとき、さっと収納袋にしまってしまえばほかのギアを汚さずに済みます。
袋上部は持ち手になるのでラクに持ち運べて便利です。

ハニカムファイヤーベース

サイドからも薪入れ可能
側面板は取り外しが可能なので、焚き火台を組み立ててからでも随時着脱できる仕様。
片側を開けて薪を足したり火加減を調節することもできるので、本格的な焚き火料理ができます。

ハニカムファイヤーベース

グループキャンプ料理にも対応
サイズ35.8×31.6cmとコンパクトながら、安定感抜群のため、大人数の料理にも対応。
付属のゴトクではしっかり強火で熱したい直火調理、テーブルには弱火で熱を加えたいものを置くなど調理の幅を広げられます。

前作・第一弾の「ハニカムファイヤーテーブル」と相性抜群

ハニカムファイヤーベース

「THE IRON FIELD GEAR」と「CAMP TOOLS」が共同開発したキャンピングギアは今回が第二弾で、前作の「ハニカムファイヤーテーブル」と組み合わせて使うことも可能です。
焚き火台単体でも付属のゴトクを活用した焚き火料理が可能ですが、ハニカムファイヤーテーブルの大を組み合わせれば高さを変えて2段で調理をすることもできます。
「ハニカムファイヤーテーブル」ご購入はこちら
https://member.funq.jp/goodlifegoods/peaks/products/34675

組立時サイズ:約 W35.8 × D31.6 × H26.2cm
重量:約5.2kg
素材:スチール
製造国:日本

「ハニカムファイヤーベース」詳細はこちら
https://funq.jp/camptools/honeycombfirebase/

関連記事

ブランド・メーカー

  1. DESCENTE

  2. XLARGE

  3. THE NORTH FACE

  4. GREGORY

  5. Coleman

  6. Patagonia

  7. snow peak

  8. CHUMS

  9. LOGOS

  10. atmos

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. アウトドアや防災で活躍する防水・バッテリー機能付き2Wayランタンタイプ「CL08」

  2. アウトドアでも大活躍!吸湿発熱素材のモイスケア®を内蔵した「発熱ウォーマー キルト」

  3. 「小型アウトドア ランタン・ストーブ」は初心者でも本物の火の温もりと料理が楽しめる!