PUMA SAFETY“モーションクラウド”の最新モデル登場

PUMA SAFETY“モーションクラウド”シリーズの最新モデルを、2020年12月中旬より作業用品店・ホームセンター・ネットショップなどで先行販売いたします。

■PUMA SAFETYについて

PUMAのセーフティシューズライン“PUMA SAFETY”は、建設現場や工場などでの作業で足を守る安全性に、スポーツブランドならではのテクノロジーを搭載。アウトドアファッションとしても履けるスタイリッシュなデザインが特徴です。

■モーションクラウドについて

“モーションクラウド”は「動きをチカラに」をコンセプトに、代名詞の“インパルスフォーム”のクッション性をはじめ、安全に・快適に働くための機能を多数備えた最新シリーズです。

<インパルスフォーム ミッドソール>
PUMA SAFETY“モーションクラウド”

ミッドソールには独自開発の“インパルスフォーム”を採用。足が接地したときに発生する衝撃を瞬発力に変換。
そのクッション性は履き続けることで起こる疲労を軽減する。

<パワープレート>
PUMA SAFETY“モーションクラウド”

ソール中央からヒールまでを覆う“パワープレート”は、ねじれを抑制し安定性をサポートするとともに、“インパルスフォーム”のエネルギーリターンをさらに高める。

<ラバー ソール モーション>
PUMA SAFETY“モーションクラウド”

アウトソールは耐熱性(最高300℃/60秒以内)と、個性的なブロックパターンによる優れた滑り止め性能と泥による目詰まり防止機能を有する。

<エバークッション カスタム フィット ミッド>
PUMA SAFETY“モーションクラウド”

人間工学に基づいてデザインされたアーチサポートが、足を自然な位置へと配置する。また、靴内の湿気を調整し、より快適な履き心地を生み出す。

<グラスファイバー トゥ キャップ>
PUMA SAFETY“モーションクラウド”

人間工学に基づくつま先の自由度の高い形状設計。
グラスファイバー強化合成樹脂により、軽量でありながら優れた保護性能を有する。

スピード

PUMA SAFETY“モーションクラウド”

アッパーに優れた柔軟性と保護性能を併せ持つ合成繊維“セーフティニット”を採用したローカットタイプ。
面ファスナーで脱ぎ履きもしやすい。

[素材]
アッパー:ポリエステル・ナイロン
ソール :合成ゴム・ポリウレタン
先芯  :グラスファイバー強化合成樹脂

[希望小売価格]
12,500円(税別)

ラピッド/ラピッド ジップ

脱ぎ履きのしやすい面ファスナーを採用したミッドカットタイプ。3本のベルトで素早くフィット感を調整。ブラウンとグリーンの2色展開

インサイドジッパーを配置することで、ミッドカットの脱ぎ履きもよりスムーズに。ジッパーのひっかかりを防ぐベルトも装備。

[素材]
アッパー:マイクロファイバー
ソール :合成ゴム・ポリウレタン
先芯  :グラスファイバー強化合成樹脂

[希望小売価格]
13,750円(税別)

[共通]
サイズ  : 25.0cm・25.5cm・26.0cm・26.5cm・27.0cm・28.0cm
発売予定日: 2020年12月中旬 ※先行販売
販売ルート: 作業用品店、ホームセンター、ネットショップ 他

関連記事

ブランド・メーカー

  1. LOGOS

  2. DESCENTE

  3. GREGORY

  4. snow peak

  5. atmos

  6. XLARGE

  7. Columbia

  8. THE NORTH FACE

  9. Patagonia

  10. CHUMS

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 柔らかい光でストレスから癒やされる、AUKEY USB充電式ナイトライトLT-ST23

  2. LOGOSの大型ドーム型テント「Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA」

  3. プレミアムな外時間を愉しむ燕三条グリルを『TABLETOP GRILL』と『COMPACT DEEP PAN』

  1. グランピング系テントレンタルサービス「hoho-rental(ホーホー・レンタル)」サービスを開始

  2. プレミアムな外時間を愉しむ燕三条グリルを『TABLETOP GRILL』と『COMPACT DEEP PAN』

  3. 栂池高原スキー場、ベースセンターを新設し2020-2021冬季シーズン営業開始