家族で気軽にキャンプ気分を味わう焚火台「FireBase」

Hot Campは、金属のことを知り尽くしたプロの試作屋が2020年に立ち上げた、アウトドアブランドです。
シンプルと手軽さにこだわりながら、デザイン性を両立させたアイテムです。

焚火台 FireBase

子供の頃に家族でやったバーベキュー

焚火台 FireBase

私達が子供の頃は、当たり前だった火のある暮らし。休日には庭先でバーベキュー。父が火を起こし、手際よく食材を焼いてくれる姿を子供ながらに頼もしく思っていた。
今、自分が父になり、あの頃の記憶が蘇る。
今度は自分が我が子に伝えたい・・
『Fire Base』(ファイアベース)はそんな大人になって知った大切な時間を、存分に楽しむことができるアイテムです。

焚火台 FireBase

たまには夫婦でのんびりと・・お湯を沸かしコーヒーを飲む。穏やかなひととき。

焚火台 FireBase

自分だけの時間も大切にしたい。焚火でボ~ッと火の揺らぎを見てるだけ。
頭も体もリセット。 何もしないという贅沢。

1.とにかくシンプル。簡単設置で超便利!

この製品のイチ押しは、簡単シンプルな組立にあります。
まずは主役の焚火台に火が入らないと何事も始まりません。
「待て待て。まずは説明書を読まないと・・」それでは、気持ちのボルテージはトーンダウン。
はやる気持ちを抑えたくない!そんな人にはオススメです。
パーツ2枚で自立。側板とロストル(底板)を足して はい!完成。
※パーツを留める蝶ボルトは緩めるだけ。外す必要はありません。

焚火台 FireBase

初めての方やお子様(小学生以上)でもカンタン、手軽なのが嬉しいですね。
側板を外せるので、薪の長さを気にすることなく使用でき、薪足しもスムーズ。

焚火台 FireBase

五徳は中サイズを標準装備。他にも高さが違う低サイズと高サイズの2タイプ(オプション)があります。
火加減を調整したい時、料理に合わせて組み合わせしたい時、串物を焼くときにも重宝します。

2.収納物も一体化。

解体した全てのパーツは蝶ボルトで止めることができるので、バラバラになることはありません。パズルのような仕掛けで、片付けまでちょっとワクワクする仕組みです。

そのまま片手で持てるので、ワイルドで無骨さ好きにはたまりません。
収納したとき、二枚の板のブランド名が重なり、透けるよう計算して作っています。

焚火台 FireBase

持ち姿もオシャレに。

焚火台 FireBase

この商品はファイバーレーザー複合機という精密板金加工を行うときに使用する機械で作られています。
ロゴ部分の細かい加工はレーザー加工の成せる業。滑らかな線は美しく、そのフォルムはスマートで、技術の高さを表現しています。

3.新しい使い方を見つけるのも楽しみのひとつ

焚火台 FireBase

BBQ,グリル料理、ティータイム、焚き火、使い方は様々。特別の日に使うだけでなく、いつでも気軽に使えるアイテムです。
手持ちの網やプレートなどをそのまま使用。
高さの違う五徳をうまく使って、網焼き、プレート焼き、串焼き、焼き芋もいいですね!

焚火台 FireBase

極厚プレートを乗せて (Fire Base Sサイズ +極厚プレート小サイズ )

4.サイズはSとLの2タイプ

焚火台 FireBase

Sサイズ:ソロ~2人向き。
Lサイズ:ファミリーなど複数名向き。

焚火台 FireBase

関連記事

ブランド・メーカー

  1. DESCENTE

  2. Coleman

  3. THE NORTH FACE

  4. mont-bell

  5. atmos

  6. snow peak

  7. ARC’TERYX

  8. XLARGE

  9. CHUMS

  10. Patagonia

オススメ

新着記事 気になる記事
  1. 電熱シートの力で寒さから首を守る『PowerArQ Electric Neck Warmer (電熱ネックウォーマー)』発売開始

  2. 天然雪、イベント、便利アイテム。 幅広い層が楽しめる広島の「恐羅漢スノーパーク」がゲレンデオープン

  3. 【Amazonタイムセール祭り】PowerArQの人気アイテムが12月18日まで最大30%OFF!

  1. アウトドアでも活躍するMAXWINの氷点下車載冷凍冷蔵庫 『K-IBOXシリーズ』に新ラインナップ

  2. ウッドを黒く染め上げた「BLACK HEXATABLE」が200個限定生産にて予約販売

  3. アルペンアウトドアーズ限定!Colemanと共同企画したコラボ商品を6月18日(金)より順次販売開始